元気な10集落のご紹介

美郷町 水清谷集落|小丸川支流・水清谷川に「南高梅」の香り漂う活力ある集落

水清谷集落ってどんなところ?

水清谷地区は、10集落の小組合で構成されており、185世帯 427人が小丸川支流水清谷川に沿って集落を形成し暮らしている。 当地区は平成15年4月に「水清谷ふるさと再生委員会」を立上げ、住民主導で意欲的な地域づくりの取組をスタートさせており、住民の高齢化や過疎化に負けない元気で明るい地域づくりを目指す。

いきいき動画

以下の動画コンテンツはFlash形式のファイルになりますので閲覧にはアドビシステムズのFlash Playerが必要になります。 アドビシステムズのサイトから最新のFlash Player(無料)をダウンロードし、インストールしてください。

集落の活動状況

水清谷梅祭り花見ウォーキング

美郷町の特産品となった南高梅のかいごん塔梅園をベースに、生産者と連携したウォークラリー大会※ 水清谷オートキャンプ場からかいごん塔梅園までの往復4Kの花見ウォークキング(軽登山)、汗をかいた後は大鍋による豚汁と特産物の抽選会。

どろんこ祭り

休耕田を利用し、地域の老若男女集まってどろんこになって、バレーボールや一本橋自転車レースなどを行う。

われらが集落

地域の取り組みや活動をしている人々の声をお届けします。地域の人々ならではの声など面白い話もきけるかもしれないです。さぁ、少し耳を傾けてみましょう。
※吹き出しのキャラクターはイメージです。発言者との関連はありません。

住民主導で地域づくりをスタートさせました。当初に直径2mの大鍋を購入し、多彩なイベントで鶏汁や猪汁、豚汁を作り、観光客らに喜んでもらっています。ふるさとキャンプ場の草刈りボランティア活動や休耕田を利用した泥んこ祭りの企画運営などを積極的に展開。特に「水清谷梅祭り」には力を入れ、地区の一大イベントとして定着しました。水清谷の地名のとおり水清らかな山里です。いっぺん来てみらんね!!
(水清谷ふるさと会 代表 甲斐さん)

水清谷を、どうやったら元気がでるのか?何をやったらいいのか?ここ数年みんなで考えてきました。幸い、水清谷には広い梅園があり、そこを利用して「水清谷梅まつり」を開催しています。イベントを開催することで、多くの人を呼び・多くの人とふれあい、その延長線上で特産物の販売等が伸びてくれば、水清谷に暮らす若い人にとどまらず・住民の大半をしめる、じいちゃん・ばあちゃんにも活気が出てくるのではないかと考えたからです。参加者・スタッフ共に楽しめるイベントに出来ればと思います。
(水清谷ふるさと会 事務局 尾崎さん)

ガンガンコンコン♪ガンコンコン♪山あいに響く太鼓と鐘の音。昔からず~っと続いている私の大好きな水清谷の秋祭り!今年参加した「村の娘ツアー」の可愛い娘さん達(10名)は「自分たちの育った所には、こんな胸がワクワクするようなお祭りはないですよ。凄く楽しいです。」と感謝した様子。「又、来てもいいですか」「勿論、いつでも帰っておいで。美味しい料理をしてまってるからね。」こうしたリピーターがたくさん水清谷に来るようになるといいなあ~
(ホストファミリー 甲斐さん)

周辺の地図

担当:宮崎県 中山間・地域政策課 / 電話:0985-26-7036 / FAX:0985-26-7353

ページの先頭へ戻る

Copyright © Mountainous Areas Net. All Rights Reserved.