ホーム > 最新のお知らせ一覧 > 最新のお知らせ詳細

演劇「神舞の庭」公園(2月28日~メディキット県民文化センター)

掲載日:2018年01月05日

 宮崎の山間部を舞台にした演劇がメディキット県民文化センターで上演されます。

「新 かぼちゃといもがら物語」#2
『神舞の庭(かみまいのにわ)』

【あらすじ】 
 宮崎の山間にある集落で、代々その地区の神楽を受け継いできた中崎家。数年ぶりに集まった家族は、それぞれに問題を抱えている。東京在住の長男俊一は、自殺が頭をよぎるほど疲弊しているが、家族に悩みを打ち明けられずにいた。実家で暮らす次男亮二は、俊一に神楽の舞手を頼むが、自分にはその資格がないと断られてしまう。やがて夜がふける頃、それぞれが抱えてきた思いが溶け出していく…。

【公演概要】
 日時:2018年2月28日(水)開場18:30  開演19:00
  3月 1日(木)開場18:30  開演19:00
  3月 2日(金)開場18:30  開演19:00
  3月 3日(土)開場13:30  開演14:00 ※終演後アフタートークあり
  3月 4日(日)開場13:30  開演14:00
 会場:メディキット県民文化センター(宮崎県立芸術劇場) イベントホール
   (宮崎市船塚3丁目210番地)

 チケット:全席自由・日時指定
     一般3,500円  U25割1,000円  
     ペア割6,000円※前売りのみ

    以下で購入可能です。
    ・メディキット県民文化センターチケットセンター TEL0985-28-7766
    ・劇場のホームページ http://www.miyazaki-ac.jp/?page_id=811
    ・宮崎山形屋、宮交シティ、蔦屋書店高千穂通店、チケットぴあ(Pコード 483-233)

【劇場よりひとこと】
 宮崎県立芸術劇場が宮崎を舞台に、国内の地域社会が抱える課題をみつめた演劇作品を創作・上演していくプロデュース公演の第2弾!今回は、「神舞の庭(かみまいのにわ)」というタイトルで、2月末から3月にかけて5日間(5公演)上演します。
 主演は、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」で、井伊直虎の忠臣「六左(ろくざ)」こと、奥山六佐衛門役を好演した田中美央(たなか・みおう)さん。田中さんは、劇団俳優座で数々の舞台に出演している実力派俳優です。最近は映像作品にも出演し、じわじわと注目が高まっています。
 脚本は、名のある戯曲賞を次々と受賞し、いまもっとも注目を集める劇作家・長田育恵(おさだいくえ)さんです。
 宮崎を代表する演出家永山智行さん(劇団こふく劇場)との強力タッグで、神楽を題材にした新しい“宮崎”の物語を紡ぎます。宮崎発の舞台作品に、どうぞご期待ください♪


【主催・問合せ先】
 公益財団法人宮崎県立芸術劇場
 TEL:0985-28-3208
 FAX:0985-20-6670

ページの先頭に戻る

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

宮崎県いきいき集落連絡会議事務局

担当:
宮崎県
中山間・地域政策課
電話:
0985-26-7036
FAX:
0985-26-7353

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集