事務局ブログ

高原町初!いきいき集落 下後川内地区


中山間界の新人、Doん子@事務局です。
9月に入って夏の暑さもやっと一段落しましたね。

先日、高原町の下後川内(しもうしろがわち)地区が、
町内で初めて「いきいき集落」に認定されると聞いてお邪魔してきました。

IMG_3155.JPG



















下後川内は都城市にほど近い、田園風景広がるのどかな地区。
9月1日、下後川内多目的集会施設で「いきいき集落」の認定証交付式がありました。

IMG_3157.JPG





















中山間地域の元気な集落を認定する「いきいき集落」。
156世帯380人の下後川内地区では、
全戸参加で旧暦七夕前後に行う道路の環境保全活動「七夕道つくり」や
世代間の交流が積極的に行われています。

今年8月12日~13日には、下後川内を含む後川内地区で
住民手づくりの夏祭りが行われ、お盆を前に帰省した方々も含めて盛り上がりました。
中山間盛り上げ隊もお手伝いに出動しました。詳しくはこちらをご覧ください。

(祭りの写真)


集会施設前にある倉庫壁面と、施設から道路を1本隔てた空き地には、
昨年、造形作家 松下太紀さんによって創作された石を使ったアートが。
地元の祓川や用水路を流れる水の音にヒントを得て作られたそうです。
この一角も下後川内の住民の皆さんで管理されています。

IMG_3169.JPG














無事、認定証といきいき集落の旗もお渡しすることができました。
皆さん笑顔がすてきな下後川内地区より、Doん子がお伝えしました。


IMG_3184.JPG









日時:2017年9月 4日 13:00  投稿者:事務局

高千穂・落立神社夏祭りに潜入


中山間界の新人、Doん子です。
先日、中山間盛り上げ隊員として高千穂町の落立神社夏祭りに参加してきました。



 落立(おちだち/地元の発音では「おったち」)神社は、1508年に現在の高千穂町岩戸の三田井右京大夫右武が再建。安産と防火の神様と伝えられています。
 杉の巨樹がたくさんあり、なんとも趣のある神社です。



 毎年夏祭を開催していますが、境内の参道には急な階段があり、若い担ぎ手が近年少なくなったことから、安全面を配慮して御神輿は人の手ではなく軽トラックで運んでいました。

  ところが今年、御神輿行列に域内外の若者、高千穂高校サッカー部、そして中山間盛り上げ隊も加わって御神輿が約10年ぶりに参道を通ることに!
 地元の人のテンションもいつもより上がります。