事務局ブログ

新型コロナに負けずに!「ジモ・ミヤ・ラブ」

三度の飯が大好きなめしだです。

 

新型コロナウイルスの影響で、中山間地域でのイベント等も中止になっている状況です。

緊急事態宣言の中、外出もできない。中山間盛り上げ隊も感染予防の観点から活動できない。

それでも、少しでも中山間地域のために何かできないか・・・。

 

そこで、「応援消費」という形で、皆さん協力してみませんか?

ホームページ「ディスカバー宮崎」で、

宮崎を元気に!「応援消費」コーナーがつくられています。

 

こちらでは、宮崎県内企業の売上回復と販路確保、また「応援消費」のために、

様々な商品が紹介されています。

その中には、中山間地域の商品も、もちろん含まれています。

 

こういう時だからこそ、「ジモ・ミヤ・ラブ」を合い言葉に

中山間地域にある知らなかった商品を買ってみませんか?

 

ディスカバー宮崎「応援消費」コーナー

https://www.discover-miyazaki.jp/ouen/

 

チラシ(「ジモ・ミヤ・ラブ」お届けプロジェクト).pdf

日時:2020年5月 1日 09:06  投稿者:事務局

魅惑のマンホールたち

 

事務局Doん子です。

「最近なかなか出てこないけど、まだいるの?」と言われそうですが、

まだ今のところ事務局におります。ご安心を。

 

さてさて、宮崎県「中山間地域をみんなで支える県民運動」のフェイスブックで

散発的にお届けしています【魅惑のマンホール】シリーズ。

県内各地の特色あるマンホールをこれまでいくつかご紹介していますが、

Doん子やその仲間たちが撮りためた、

まだまだご紹介仕切れない蓋たちがコレクションにひしめいていますので、

このブログでいくつかご紹介したいと思います。

 

まずはスタンダードなパターン。

市町村の鳥や花、木をあしらったもの。

 

【三股町】 

ほおじろとサツキ、銀杏の葉がバランスよく配置されています。 

mimata.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【旧東郷町】

キジと山桜、尾鈴寒蘭の組み合わせ。

  togo.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【日之影町】

ウグイスとツツジ。背後には青雲橋がかかっていますね。

hinokage.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地域の歴史や神話を映し出したものもあります。

 【高千穂町】

神話の里を全面に押し出した荘厳な一品。

  takachiho.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【椎葉村】

村内のあちらこちらにアゲハ蝶の蓋。

「なんで?」とDoん子も最初は不思議でした。

実は、アゲハ蝶は平家の家紋なのだそうです。なるほど、大納得!

shiiba.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次はご当地キャラ系。

【旧山田町】

かかしの里のマスコットですね。

yamada.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【西米良村】

かりこぼーずのホイホイくん。本当に、村のあちこちにいます。

nishimera.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動物系もありますね。

【延岡市】

のぼりざる。可愛くて、縁起のよい一品です。

nobeoka.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【串間市】

こちらも愛らしい御崎馬。

そういえば、マンホールに出てくる動物やキャラクターはほのぼのしたものが多いですね。

kushima.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にレアもの。

【諸塚村】

思わず「そうよね、諸塚といえばこれよね」と言ってしまいたくなる潔さ。

こちらの蓋、村内どこでもあるわけではありません。

どーしても見に行きたい方は、諸塚村観光協会にお尋ねください。

morotsuka.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【串間市・築島】

県内唯一の定期船がない有人離島、築島。

島のお祭り、「えびす祭り」をあしらった蓋です。

祭りが題材のマンホールは県内にはなかなかないのではないかと思います。

  tsukishima.jpeg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして見てみると、マンホールには地域の魅力や作り手の思いが

いろいろつまっていることが分かりますね。

みなさまも各地におでかけの際は、ぜひ足下に注目してみてください。

 

以上、Doん子でした。 

 

日時:2020年3月19日 08:19  投稿者:事務局

第18回いきいき集落研修交流会を開催しました!

 

第18回いきいき集落研修交流会を開催しました!

 

こんにちは。Myたけ子です。

 

令和元年12月7日(土)日向市東郷町にて、「第18回いきいき集落研修交流会」を開催しました。

 

当日は非常に寒い中、遠くは日南市からもお越しいただき、全体で約50名のご出席をいただきました。

 

まずは、事例発表からスタート

大分県宇佐市津房地区まちづくり協議会の岡様よりご発表いただきました。


_DSC0042[1].jpg


 











 



 津房地区は約1,298人が住む世帯数約643戸の地区。

まちづくり協議会は「心かよい 人が輝く ふるさと つぶさ」をスローガンに、行政と住民との協働のまちづくりに取り組まれています。全部で5つの部会に分かれていて、それぞれが色々な事業を実施。たとえば「安心生活お守りキット」を配布して、緊急時などにお互い助け合えるしくみをつくっているほか、年1回の小学校の文化祭には"1日先生"として地区の高齢者が参加し、地域の文化を子どもたちに伝えたりされています。他にも、高齢者や独居世帯へお弁当の配布、植栽活動、「津房探訪ツアー」、小規模集落への作業支援など、多くの活動を紹介いただきました。まちづくり協議会の活動をしていくことで、個々の活動が地域ぐるみの活動になったり、地域の連帯感が生まれたりといった成果が得られているそう。とても勉強になりました。

 

次に川南町商工会女性部「チームがはは」の和田様よりご発表いただきました。

_DSC0052[1].jpg
















 「チームがはは」は川南町のさまざまな職種の有志女性9名で構成されていて、同町が平成22年に発生した口蹄疫に苦しむ中、地域を元気づけよう!という思いで「鍋合戦」へ参戦されたことをきっかけに結成。チーム名は会長さんの笑い声から名付けたそうです!川南漁港でとれる魚を使用した麺を開発し、2度目の鍋合戦で見事優勝されたとのこと。その後も「地元の特産品の開発をしたい」という思いから、チームで麺の改良に取り組まれました。何度も失敗し、試行錯誤を繰り返して、ようやく開発が成功したとのことで、現在は製品化されている「浜うどん」に注がれた皆さんの情熱が伝わってきました。アンテナショップや空港などで販売されているほか、学校給食にも提供されているそうです。地元の子どもたちの食育にもつながっていて、素晴らしいと思いました。

 

最後に開催地東郷町から、東郷地域振興課およびいきいき集落坪谷地区代表の寺原様よりご発表いただきました。
















東郷町は11地区77集落の町。歴史を後世に残す取り組みに力をそそがれる地区が増えているそうです。また、平成24年に東郷まちづくり協議会が設立され、春のつつじ祭り、夏祭り、秋の作品展など、地域活性化のための活動をされています。

また、今回開催地の坪谷地区は170世帯346人の住む地区。歌人若山牧水の生家があることでも有名ですね。坪谷地区は農業を営む世帯が多く、神楽や臼太鼓の伝統に力を入れているそうです。「いきいき集落」としては、農業体験による食育活動をされていて、農業体験田の「気合田」では坪谷小学校の子どもたちと苗作りから収穫、食べるところまで体験し、田んぼアートも実施。脱穀などはすこし危ない作業もあるけれど、子どもたちはちゃんと学習して、後輩たちにも教える光景もみられるようです。「きずな田」では福祉施設と連携して田植えから稲刈りまでを体験してもらいます。「中山間盛り上げ隊」はこの活動を今年一緒に行いましたが、一緒に稲刈りをして、一緒にお米を食べる体験はとっても貴重で、ありがたいものだと感じました。

 

事例発表の後は、参加者のみなさんはお隣の「牧水記念文学館」を視察し、お待ちかねの、昼食交流会♪

「牧水御膳」をいただきます!
















おいしそうですよね!彩りもとってもきれい。

道の駅とうごう出荷者協議会さまにご準備いただきました。

ごはんはちらし寿司、生姜ご飯の2種類。なつかしさよみがえるお煮しめ、栗の渋皮煮、トマトのシロップ漬けなどなど・・・地元の食材をふんだんに使ったお料理が盛りだくさん。

「ト豆のおはぎ」は「道の駅とうごう」でも大人気で、売り切れることも。

((現在開催中の「中山間おでかけスタンプラリー」の対象施設でもありますよ!))


そんなおいしいご飯を食べながらの集落PRタイム!

写真.jpg














皆さん、地元でがんばっていらっしゃることを色々と紹介していただきました。

参加者の皆さんも、お互い参考になったのではないでしょうか。

 

写真2.jpg














また、地元神楽の保存会より、「坪谷神楽」を披露していただきました。
















 なんと、ステージ上には5人の子どもたち。笛を吹くのも、太鼓をたたくのも、舞い手も、みんな小学生というから驚きです。3~4歳くらいから練習をしていると教えてくれました。非常に珍しいこの子ども神楽に、参加者のみなさん驚かれて、真剣に見入っていました。坪谷地区に伝わる貴重な伝統文化を目の当たりにし、感動しました。

 

_DSF5253[1].jpg



















今回の研修会は、東郷地域振興課の皆様、東郷町の皆様のご協力のもと、東郷の魅力が伝わるすばらしいものになりました。

今回ご参加いただいた皆さんは、ぜひ、今回得た情報を地元の活動にも生かしていただければ幸いです。

 

_DSC0081[1].jpg

















研修交流会は、今年度あと1回開催を予定しています。開催地は綾町。現在色々と準備中です。今回参加の皆様も、参加出来なかった皆様も、是非次回お越しください!

★会場からの景色

DSCPDC_0003_BURST20191207143150128_COVER.jpgのサムネール画像


日時:2019年12月13日 15:17  投稿者:事務局

諸塚村民文化祭に行ってみたの巻

三度の飯が大好きなめしだです。
 
11月17日(日)、諸塚村の一大イベント、諸塚村民文化祭へ参加してきました。
 
現地に着くと、人が多い!!
会場に入ってびっくりしたのは、自治公民館単位で出店していることと、会場の広さ。
自治公民館制度がしっかりとしている諸塚村。
村民文化祭でも、その組織力を見ることになり、圧倒されました。

DSC_0081.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、現地に人が多い理由。
延岡市や日向市、宮崎市にある村人会のみなさんがバスに乗って戻ってきていたのです。
文化祭会場は、村の同窓会も兼ねている感じでした。
DSC_0072.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 
今年は、諸塚村村制130周年ということで、記念式典も一緒に行われていました。
新たなロゴマークが発表され、
DSC_0086.JPG

 

 

 

 

 

 

 

さらに、JVCケンウッドやSoupStockTokyoとのパートナーシップ締結もありました。
 
祭り会場では、当日限定 SoupStockTokyo 諸塚支店が出店。
諸塚小学校6年生と一緒につくったスープが提供されていました。
諸塚産椎茸と きくらげが入った豆乳ベースのスープ。
クリーミーな味わいの中に、アクセントとしてゆずが入っていました。
正直、東京で出しても売れます!!
DSC_0079.JPG

 

 

 

 

 


 

 

 

会場では、瀬川瑛子さんのコンサートがあり、(残念ながら、写真撮影NG!)
最後は餅まき!
村長と瀬川瑛子さんが並んで餅まきしていました。
 
活気がすごかった諸塚村民文化祭。
農産物の販売や木の椅子の作成もできます。
気軽に参加できるお祭りです。また参加したいと思いました!

 

日時:2019年11月19日 17:42  投稿者:事務局

地域の未来を考える「話し合い」始まってます


中山間界の新人・Doん子です。
今回はかなりまじめなお話。

「人口減少時代」と言われて久しいですが、
みなさん、これからどのくらい人口が減っていくかご存じですか?

国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、
直近の国勢調査2015年で約110万人いる宮崎県の人口は、
30年後の2045年には約3/4の82.5万人ほどになるとされており、
市町村によっては、半分以下の人口になると見込まれているところもあります。

将来的にこのような人口になった時に、身の回りでどんな変化が起きるでしょう?

「う~ん、数字の上では分かるけど、イマイチ実感がねぇ。。。」

「最近空き屋が増えたり、一人暮らしのお年寄りが増えたりしている気はする
 けど、あと10年たったらどうなるっちゃろうね?」

「20年後?まだまだ先じゃろ?」

そんな方に見ていただきたいのが「ひなたまちづくり応援シート」。
おおむね小学校区から中学校区の単位で、
将来の人口ピラミッドや1人暮らしの高齢者の世帯数といった特徴が簡単に見られます。
こちらからダウンロードして見てみてくださいね。

県内とある地区で、これまでの傾向が今後続いた場合の人口ピラミッド予測 ↓↓
人口ピラミッド.jpg

さて、県内ではこのシートを使って、
「20年後にどんな問題が起きるだろう?」
「今のうちに取組みを始めた方がいいことないだろうか?」
といった話し合いを始めた地域があります。

都城市庄内地区はそのひとつ。
Doん子の先輩、Sさんがレポートしてくれました。
記事キャプチャ.jpg



からご覧ください。





県内では、ここ以外にもいくつかの地区でこういった話し合いが始まっています。

Doん子がお邪魔した地区でも
「人数が半分になったら地区の草刈りはできるだろうか?」
「自治会の役員ってこのままの人数で大丈夫?」
「免許返納しても買い物に困らないだろうか?」
「なんか今までの方法を変えんといかんよね?」

なかなか普段口にだして言うことがないことも、
みんなで同じグラフをみて声に出していってみると、実感が沸いてくるようです。

ぜひ、みなさんの地元でも使ってみてはいかがでしょうか?

以上、Doん子がお伝えしました。


日時:2019年10月16日 14:38  投稿者:事務局

第4回宮崎草団子選手権


中山間界の新人、Doん子です。
Doん子が中山間地域を代表するスウィーツ、草団子を勝手に食レポする「宮崎草団子選手権」。
軽いノリで始めたこのシリーズも4回目となりました。

今回は西米良村村所女性部「いとまき倶楽部」の「よもぎ団子」から。
近年、西米良村の伝統野菜、いとまき大根の加工を手がけてらっしゃる
元気な女性達のよもぎ団子です。
dango_itomaki1.jpeg













早速、食べてみます。
うん、団子というよりもおまんじゅうに近いですね。
餅米の粉ではなく米粉と小麦粉を使っているからなのでしょう。
ふわっとした肉厚の皮で非常にソフトな歯ごたえ。
中身は砂糖控えめな粒あんです。
サクッと食べられます。

dango_itomaki2.jpeg
















続きましては、道の駅北方「よっちみろや」で購入した
地元の加工グループ「天馬グループ」のよもぎだんご。
道の駅に併設している加工グループで作っているので、
タイミングがよければできたてホヤホヤを買うことができます。

dango_tenma2.jpeg













こちらもいただいてみましょう。
色鮮やかな団子から、爽やかなよもぎの香りが漂います。
中は少し粒のある餡子。
皮のモチモチ感がちょうどよい感じです。

dango_tenma3.jpeg

















最後は、ちょっとスピンオフしておはぎの登場。
道の駅とうごうの新たな名物「とまめおはぎ」。
dango_tougo1.jpeg













小豆だけでなく唐豆を混ぜ込んでいるので、独特の風味が味わえます。
「小豆のパサパサ感が苦手」という方にお勧めしたい一品です。




宮崎にはまだまだ個性あふれる草団子が存在しますよ!
ぜひ、道の駅や直売所を訪れた際には、団子コーナーをチェックしてみてください。
場所や作り手によって微妙に微妙に本当に微妙に違うからこそおもしろい草団子ワールド。
これからも開拓していきたいと思います。

バックナンバーはこちらから>
黒岳だんご(諸塚村)、ふくだんご(日之影町)、イチゴいりよもぎ団子(日南市大戸野)

草だんご(日南市酒谷)、耳川団子(日向市東郷町)、草団子(椎葉村)

さるかけダンゴ(延岡市北方)、まりちゃん手作りだんご(日之影町)、西郷だんご(美郷町)




日時:2019年10月 3日 13:51  投稿者:事務局

美郷町西郷の熱い夏!

3度の飯が大好きなめしだです。
7月7日、美郷町西郷で行われた御田祭(おんださい)に行ってきました。
天候が心配されましたが、当日は梅雨の中休みでよい天気になりました。
気温も上がり暑い中でしたが、祭りはもっと熱かったです!
 
 御田祭については、美郷町観光情報サイト https://www.visit-misato.jp/festival/mitasai/をご覧ください。

御田祭では、馬が御神田を駆け回ります。
馬がはね飛ばす泥をかぶると御利益があるそうです。
よく見ると、馬には鞍等はなく、手綱と騎乗している人の足の力で馬に乗っていました。

まさに「人馬一体」。

P1010937.JPG
馬と呼吸が合わないと、御神田へ落ちてしまいます。
 
また、馬だけでなく、牛も御神田に入ってきます。
中学生が牛をひいて歩くのですが、こちらも牛が言うことをきかず、引きずられていく人もいました。なかなか大変です。

P1010948.JPG


神輿も御神田に入ります。地元の田代小学校の子供たちの神輿、その後、青年が担ぐ神輿が入ってきます。青年が担ぐ神輿には、美郷町に今年度開校した林業大学校の学生も加わっているとのことです。
神輿が御神田を一周した後、担ぎ手が泥まみれになっていきます。

P1010959.JPG

P1010962.JPG

そして、御田祭のクライマックス、早乙女による田植えです。
向かい合わせに並び、御神田へ稲の苗を植えていきます。

P1010975.JPG

会場の隣では、物産・飲食物販売が行われており、見るも良し、食べるも良しなお祭りです。

前日は、花火大会もあったようです。(私は行っていませんが・・・)

毎年7月頭に行われています。美郷町西郷が1年で最も盛り上がる日。一見の価値ありです。

興味を持たれたら、是非来年行ってみてください。

日時:2019年7月10日 17:41  投稿者:事務局

諸塚村「九州玉入れ選手権大会」に参加してみたの巻

 3度の飯が大好きなめしだです。今年度に入って初めての記事です。
 
 6月23日(日)、諸塚村で行われた「九州玉入れ選手権大会」に事務局一同で参加してきました。

  DSC_0309.jpg

 玉入れと聞いて、運動会のイメージで「なんだ簡単じゃん」と思われた方、甘いです!
 この玉入れ、4~6人のチームで99個のアジャタボール(玉)と1個のアンカーボールを高さ約4メートルのかごに入れる競技となっています。
 ちなみに、最速記録は6秒51ということで、玉を俵のように並べて、押し出すように投げる「おがみ投げ」でまとめて投げないとこの記録は生まれません。
 
 当日、九州各地から多くのチームが諸塚村に集まってきました!
 上手いチームは、開始から30秒かからずに100個の玉を入れていきます。

 さて、事務局チームは全く練習しないまま、当日一発勝負に。
 会場に設置された練習場で事前練習をしたところ、投げた瞬間に玉がばらばらになる始末。制限時間4分以内に100個の玉を入れられるかチームに不安が広がります。
  tamaire2.jpg

 

 大会では、玉入れを行う前に各チームのPRタイムが設けられており、そのPR次第では、商品がもらえます。
 事務局チームは、「玉入れ」であいうえお作文に挑戦。
  た・・・楽しみにしていた九州大会
  ま・・・毎年、決勝に進めなかった
  い・・・いつもと今年は違うかも
  れ・・・令和初の優勝目指して頑張るぞ!
  P1010922.JPG

 牛肉を狙っていましたが、お菓子袋をゲット!


 肝心の玉入れですが、簡単にはかごに入らない。同時に始めた他のチームも見守る中、3分ジャストで100個全ての玉を入れ終わりました。もちろん入賞はできませんでした。残念!

tamaireR01_1.JPG 

 諸塚村で行われています「玉入れ九州大会」、毎年6月に開催されています。
 事前申し込みは必要ですが、初心者の部もあり気軽に参加できます!
 諸塚村の観光とあわせて、来年、是非参加してみてください!
 

 おまけ。
 土木事務所と農林振興局の諸塚駐在所連合チーム(PWD:Public Works Department)も参加していたのですが、PRタイムで「打倒事務局チーム!」と言われてしまい、30秒の大差をつけられ、見事に負けました。練習しているだけあって、きれいに固まって玉を投げています。
  P1010933.JPG

来年は「打倒、諸塚駐在所連合チーム」!

日時:2019年6月25日 17:29  投稿者:事務局

日之影の新しい道の駅青雲橋に行ってみたの巻


事務局3年目に突入・・・しても中山間界の新人、Doん子です。
先日、日之影町にプレオープンしたばかりの道の駅 青雲橋を訪ねてきました。

国道218号線を延岡方面から西に進むと、
中村トンネルを出たとたん、青雲橋のすぐ袂にピッカピカの建物を発見!


hinokagemichinoeki (1).jpeg


中に入ると、ふんだんに木材を使った温かみのある作りになっていました。
1階に特産品を扱う売店、レストラン、トイレ、町観光協会の事務所が入っています。


hinokagemichinoeki (32).jpeg

お昼時でしたので、とりあえずレストランでランチ。
ガラス張りで、日之影の山々を見ながら食事できるぜいたくな空間です。

hinokagemichinoeki (4).jpeg

おっと!特別メニューを発見しました。
日之影のジビエマスターがお肉を提供している「田中さんちのしし丼」
この日は味噌汁・小鉢もついて
通常価格1,200円のところ、プレオープン特別価格で1,000円。
迷わずこれをいただきます。


hinokagemichinoeki (5).jpeg
ジビエ好きで方々で鹿肉や猪肉をいただいているDoん子ですが、
こんなに臭みのない猪肉は正直初めて食べました。
ジビエ初心者の方、
「猪は獣くさいのが苦手で、どうもね~」と二の足を踏んでいる方、
まずこちらを試してみてはいかがでしょうか。
きっと猪肉のイメージが変わるはず。


続いて売店へ。
ここでは日之影の野菜や加工品などがたくさん売られています。


hinokagemichinoeki (6).jpeg
最近注目を集めているわら細工。
手作りのぬくもりがあるお飾りや日用品もここで購入することができます。


hinokagemichinoeki (9).jpeg

ん?こんなものを見つけました。
タヌキの塩漬け!!!!
何でも、昔から民間療法で火傷などに効く薬として使われてきたのだとか。
そこそこのお値段に、さすがに手が出ず・・・
どなたか、試した方がいらっしゃったら、どんな味がしたか事務局まで教えてくださいまし。


hinokagemichinoeki (10).jpeg



2階には素晴らしい眺めの展望デッキがあります。
車の運転に疲れたら、ここでリフレッシュするといいですね。

hinokagemichinoeki (7).jpeg
さて、新・道の駅 青雲橋を満喫したDoん子ですが、1つだけ心残りが・・・
一番のお目当てにしていた栗ソフト、売り切れでした~ (>o<)

hinokagemichinoeki (11).jpeg

必ずや次回リベンジしてやる!と誓って高千穂方面に向かったDoん子でした。


日時:2019年6月 5日 18:17  投稿者:事務局

ゴールデンウィーク イベント情報2019

今年もゴールデンウィークがやって来ます!

しかも、今年は「平成」から「令和」へと変わる特別な10日間!

皆さんの予定はもう、お決まりですか?

今日は中山間地域等で開催予定のイベントを一部ですがご紹介します。

ゴールデンウィークの予定を立てる参考にぜひともお役立てください!


【平成31年】


4/27(土)~28(日) 10時から17時まで

「通浜市(とおりはまいち)」

<場所>

川南町(川南漁港直売所『通浜』)

<概要>

今年4周年目となる川南漁港直売所でGWに開催されている「通浜市(とおりはまいち)」。

川南漁港で水揚げされた新鮮な海産物や加工品を購入することができ、旬のカツオなど各種鮮魚を大感謝祭特価にて販売します。

大人気、ビンチョウマグロを使用した『びんちゃんコロッケ』もあり、毎年多くのお客様で賑わいます。

<HP等>

 Facebook : @toorihama 直売所通浜

<チラシ等>

(川南町)通浜市.pdf


4/27(土)~5/6(月)

GW 道の駅「つの」アオゾラFESTIVAL2019」

<場所>

都農町(道の駅「つの」)

<概要>

GW期間中、ビンゴゲームやポニーとのふれあいなど毎日楽しいイベント盛りだくさんです。

<HP等>

https://michinoeki-tsuno.com/

http://www.tsunokanko.com/

<チラシ等>

(都農町)GWアオゾラFESTIVAL2019.pdf


4/28(日)

「夕日の里 てっぺん神楽」

<場所>

五ヶ瀬町(五ヶ瀬ワイナリー 風のホール)

<概要>

 町内外の神楽、こども神楽の奉納や、お楽しみ抽選会が行われます。

熊本県山都町の仁瀬本神楽、大分県竹田市の城原神楽の奉納もあります。

<チラシ等>

(五ヶ瀬町)てっぺん神楽.pdf


4/29(月) 9時~15時予定

「三股町早馬まつり」

<場所>

早馬公園(三股町樺山3784)

<概要>

 100年以上の歴史をもつ、早馬まつりは、母智丘の大祭とともに都城・北諸地方における二大祭りといわれています。

 毎年4月29日に早馬神社境内で五穀豊穣を祈願するジャンカン馬踊りをはじめ、持ち回りで町内各地の郷土芸能が奉納されます。奉納が終わると各地区に繰り出し踊りを披露する「庭もどし」も行われます。

 ステージでは、町内グループの踊り、ダンスやご当地ヒーロー「みまたレンジャー」ショー等が披露されます。また、弓道・剣道・四半的・柔道の奉納大会も同時開催されます。

<HP等>

 http://www.town.mimata.lg.jp/kanko/hayama-festival/

<チラシ等>

(三股町)早馬まつり.pdf


4/29(月) 午前7時受付開始

「第30回 尾鈴山々開き登山」

<場所>

都農町(尾鈴キャンプ場 第1駐車場(集合場所))

<概要>

今年は30周年記念にあたり、参加者には記念品を準備しています。約7時間半の本格登山コースで、下山後には豚汁のふるまいもあります。

<HP等>

http://www.tsunokanko.com/

<チラシ等>

(都農町)尾鈴山々開き登山.pdf




【令和元年】


5/1(水)

「みんなで御代替わりを祝おう!

天孫降臨の山高千穂峰登山会と「日本一長い参道」ウォーキング」

<場所>

高原町

高千穂峰登山会:受付 皇子原公園

日本一長い参道ウォーキング:受付 皇子原公園

<概要>

新天皇即位の日に御代替わりを祝うため奉祝登山会を行います。

☆神武天皇降誕の地奉祝祭(皇子原公園)

☆天孫降臨の地奉祝祭(高千穂峰山頂)

 その他山頂行事多数

☆「日本一長い参道」ウォーキング(皇子原公園)

<HP等>

 https://www.town.takaharu.lg.jp

<チラシ等>

(高原町)高千穂峰登山会と日本一長い参道ウォーキング.pdf

 

5/3(金)

「樺木岳山開き」

<場所>

 五ヶ瀬町(樺木岳山頂)

<概要>

 大抽選会、おにぎり、焼き肉、飲み物等のふるまいが行われます。

 

5/3(金) 9時30分~15時まで

「2019つのワイナリー こいのぼりフェスタ」

<場所>

都農町(都農ワイナリー)

<概要>

子どもが主役のイベントですが、ワークショップやなぞときゲームなど大人も楽しめるイベント盛りだくさんです。都農ワインの丘で泳ぐこいのぼりは圧巻!

<HP等>

http://www.tsunokanko.com/

https://tsunowine.com/

<チラシ等>

(都農町)こいのぼりフェスタ.pdf


5/3(金)~5(日) 10時~21時

「めいりんの湯 18周年感謝祭」

<場所>

 高鍋町(高鍋温泉めいりんの湯)

<概要>

 5月3日~5日

花の苗の無料配布、業者販売会、抽選会、菓子輪投げゲーム、コイン落としゲーム

5月5日

高鍋大使くんとのふれあい・写真撮影会、お菓子袋振る舞い先着50名

<HP等>

 http://www.meirinspa.com/meirinspa/

 

5/3(金)~6(月) 10時~16時

「新緑の綾 思い出の宝探し」

<場所>

 綾町(綾手づくりほんものセンター他)

<概要>

1.綾手づくりほんものセンター前広場

・綾の手づくり工芸市(陶芸品や木工品など伝統工芸品の展示販売)

・綾de手づくり食べ物市(色んなおいしいものが勢ぞろい)

・子供とママの手づくりマルシェ(親子で楽しめるワークショップ)

・照葉樹苗木の配布

・乗馬体験 ※5/3.4のみ

・会場イベント

1130~響座太鼓の演奏 1200~みやざき犬のダンス)※5/6のみ

・男山スタンプラリー(町内6箇所に展示してある男山をまわるスタンプラリー、コンプリートした人にはその場で日向夏ジュースなどがもらえ、後日抽選で綾ぶどう豚が当たる。)

2.綾の照葉大吊橋

・期間中イベントチラシ提示で小学生以下入場料無料

・照葉樹の森宝探しビンゴ(吊橋遊歩道を歩いて自然の宝を探すゲーム、ビンゴ達成者にプレゼントあり)

・照葉大吊橋に大小鯉のぼり約100匹を設置

3.綾国際クラフトの城

・期間中イベントチラシ提示で小学生以下入場料無料

・忍者修行体験、ツリーイング体験 ※5/5のみ

・鎧兜の着付け体験

・鯉のぼり塗り絵体験

・綾城に鯉のぼり約100匹を設置

<HP等>

 http://www.town.aya.miyazaki.jp

<チラシ等>

(綾町)新緑の綾 思い出の宝探し.pdf


5/5(日)

「烏岳つつじ祭り」

<場所>

 五ヶ瀬町(ぬくもり体育館)

<概要>

 餅まき、カラオケ、抽選会、舞踊、ゲーム、地元婦人会・青年部によるバザーが行われます。

 

5/6(月)

「母の日イベント ~多肉植物の寄せ植え講座~」

<場所>

 西都市(西都市立図書館)

<概要>

 「いつもありがとう。お疲れ様」と素直に言えない感謝の気持ちを込めてお母さんに手作りのプレゼントをしよう!!

<HP等>

 saito-lib.jp


日時:2019年4月25日 22:22  投稿者:事務局

   ページの先頭に戻る

カレンダー

2020年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のブログ記事

月別アーカイブ

中山間地域で頑張る駐在員ブログ

ホーム |  中山間地域の概要 |  いきいき集落 |  おでかけスポット |  駐在員ブログ |  お問い合わせ |  プライバシーポリシー |  サイトマップ |  リンク集